奥田石材工業

TEL:0742-93-2293(AM8:00〜PM5:00)

お墓建立までの流れ

お墓建立までの流れをご説明いたします。

1.墓石の建立時期

お墓の建立時期は、一周忌、三回忌などの年忌の前後に建てるのが一般的です。
遅くとも2~3年以内には建立するのが良いでしょう。
年忌以外の場合は、お盆や春秋のお彼岸に建立する事もあります。

2.墓地・霊園・石材店の選択

お墓を建立する際、まずは墓地や霊園を決めるのが一般的ですが、墓地や霊園によっては、石材店を自由に選べない場合があるため、墓地を探す前に石材店から墓地や霊園を紹介してもらうという方法もあります。
墓地や霊園は、宗派や宗旨、環境やアクセスの利便性、ご予算などによって選択しましょう。
奥田石材工業でも墓地や霊園をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。

3.墓石の決定

墓石の型、質、大きさ、刻字の内容などの打ち合わせをします。
墓石の価格は、石の種類や原産国、大きさ等により異なります。
また、墓石の型も和型や洋型の他に、個性的なデザイン墓など様々な型があります。
墓石に彫る文字や付属品についても綿密な打ち合わせを行います。
お墓の建立までには、打ち合わせ・製作・工事期間として、1ヶ月から2ヶ月程度かかります。

4.向きと座

墓石の向きは東西南北の全てが吉とされています。
仏教では『六向拝(ろくこうはい)』と言い、東西南北上下の全ての方向を尊敬する方角に対する姿勢の一つで、お墓の方角に吉凶はないという考え方です。
また、墓石の型や色にも決まりはありません。

5.入魂式と納骨

お墓の建立を終えたら、僧侶と親戚の方々を招き、納骨と開眼法要を行います。
墓前にはお線香とお供物を供え、読経・除幕・焼香などを行い、法要と同じく会食を行い、墓石の建立を祝います。

お墓建立の豆知識

お墓建立の豆知識をご説明いたします。

寿陵(じゅりょう)

生前にお墓を建立することを『寿陵(じゅりょう)』と言います。
中国では古来より健康で長生きするとして、盛んに寿陵が行われていました。
近年でも墓地不足から生前墓をご用意される方も増えてきており、霊園では新規購入者のかなりの割合を占めているようです。
また、ご親族の方がいざという時に負担にならないよう、ご自身でご準備をされる方も増えてきています。

改葬

埋葬したお墓を別の場所に移すことを『改葬』と言います。
遺骨は自由に移す事は出来ず、改葬には墓地・埋葬に関する法律が定められており『墓埋法』の規定に則った手続きをする必要があります。
改葬の手順は以下の通りです。

1.移転先の墓地を探す。
2.利用許可書などの受け入れの証明書を受け取る。
3.現在のお墓がある墓地の管理者に改葬の事情を伝える。
4.現在のお墓がある墓地の役場より『改葬許可申請書』を受け取る。
5.現在のお墓があるお寺や霊園より『埋葬収蔵証明書』の記入内容の確認後に署名捺印を貰う。
6.『改葬許可申請書』を役所に提出する。(審査が行われます)
7.許可が下りると『改葬許可書』が発行されます。
8.移転先の墓地管理者に『改葬許可書』を提出し、納骨日時等を決める。
9.今までのお墓を崩すため『魂抜き』の法要を行う。
10.石材店(墓石店)に、移転工事または新規建立工事を依頼する。
11.新しい墓地にお墓の建立が終わったら、お墓の『開眼供養』を行って改葬終了となります。

総合建設業
株式会社 哲組

奥田石材工業

〒630-1245
奈良県奈良市大慈仙町371
TEL:0742-93-2293
FAX:0742-93-2294